内部向け情報: Login

What's New

2014/5/20
Professor Z. Yoshida gave a talk on "Relativistic helicity and link in Minkowski space-time" at JSPS/UK Meeting ``Topological vorticity dynamics in the physical sciences'', Cambridge, UK, September 9--10, 2013. The note is available here.

2014/5/20
Professor Z. Yoshida gave a talk on "Canonical Hamiltonian mechanics of Hall magnetohydrodynamics and its limit to ideal magnetohydrodynamics" at University of Exeter mini-conference ``Topological Vorticity Dynamics and Magnetohydrodynamics'', Exeter, UK, September 6, 2013. The note is available here.

2014/5/20
Professor Z. Yoshida and E. Hameili gave a talk on "Canonical Hamiltonian mechanics of Hall magnetohydrodynamics and its limit to ideal magnetohydrodynamics" at University of Exeter mini-conference ``Topological Vorticity Dynamics and Magnetohydrodynamics'', Exeter, UK, September 6, 2013. The note is available here.

2014/5/20
Professor Z. Yoshida gave an invited talk on "Twisting Space-Time in relativistic plasma" at Asia Pacific Physics Conference, Makuhari, Japan, July 17, 2013. The note is available here.

2014/5/9
吉田教授が日本地球惑星科学連合2014年大会(2014年4月28日〜5月2日,横浜)プラズマ宇宙物理3学会連合セッションで招待講演を行いました.発表資料

2014/5/9
本研究室の近末吉人君が日本物理学会2014年年次大会領域2学生優秀発表賞を受賞しました.詳しくはこちら

2014/3/18
吉田教授がシンポジウム「人文知からサステイナビリティを考える時間論からの接近」(主催:「sustainabilityと人文知」研究プロジェクト:総長裁量経費)で「時空とは何か」について講演.発表資料1発表資料2

2013/11/12
Professor Z. Yoshida gave a video lecture "Geometrical Theory of Vortex" at the First ICTP-NCP International College on Plasma Physics (Islamabad, 11-15, November, 2013). The view graphs are available here.

2013/10/11
本研究室の江本伸悟君が日本物理学会2013年秋季大会領域2学生優秀発表賞を受賞しました.詳しくはこちら

2013/10/1
西浦正樹准教授が着任されました.

2013/4/8
本研究室の川面洋平君が日本物理学会第68回年次大会領域2学生優秀発表賞を受賞しました.詳しくはこちら

2012/12/24
Professor Z. Yoshida gave a special lecture on "Self-organized structures over scale hierarchy: non-canonical Hamiltonian mechanics, phase space foliation, and vortex" at Tbilisi State University in November, 2012. The lecture note is available here.

2012/12/24
Professor Nana Shatashvili of Tbilisi State University visited our group from 13th through 22nd of December, 2012. She gave a seminar on the theory of pair plasmas. The documents of the seminar is available here.

2012/3/31
日本物理学会第67回年次大会において吉田善章教授による招待講演が行われました.講演概要はこちら.講演資料はこちら

2012/3/31
第10回 Asia Pacific Plasma Theory Conference がオーストラリアで 2012年1 月29日~2月3日に開催され,RT-1の成果が招待講演で紹介されました.講演資料はこちら

2012/3/31
Plasma Conference 2011 (プラズマ・核融合学会第28回年会/応用物理学会第29 回プラズマプロセシング研究会/日本物理学会(領域2)2011年秋季大会) が金沢市 で2011年11月22日~25日に開催され,吉田善章教授の基調講演が行われました.講演概要はこちら

2011/7/1
RT-1プロジェクトが未踏科学技術協会・第15回超伝導科学技術賞を受賞.詳しくはこちら

2011/6/6
宇宙最初の渦形成についての理論研究が新聞などで紹介されました.詳しくはこちら

2011/1/14
RT-1プロジェクトがプラズマ・核融合学会・第15回技術進歩賞を受賞しました.詳しくはこちら

2011/1/14
2010年11月8~12日に行われたアメリカ物理学会プラズマ物理分科会においてRT-1プロジェクト最新研究成果報告の招待講演が行われました.詳しくはこちら

2010/7/7
千葉国体の聖火に当研究室のプラズマが使用されました.詳しくはこちら

2010/5/31
ホームページをリニューアルしました.

宙のプラズマ現象からヒントを得て<先進核融合>の可能性を探る

プラズマは,未知の構造と現象の宝庫です.太陽で起こる激しい爆発現象(フレアー),それに呼応するオーロラ,銀河の美しい渦巻き模様の形成などがプラズマ物理のテーマです. これらはいずれも線形理論ではあつかえない〈非線形現象〉です.プラズマ物理は〈集団現象〉をあつかう科学です.すなわち, 分割された要素 の理想化された運動に還元することができない現象を理解することが課題です. これは,物質世界にとどまらず,生態系や社会の科学にも通じる根本的な研究テーマです.私たちは,理論と実験の両面から,プラズマの非線形科学,集団現象の科学を研究しています.

私たちが,プラズマの多様な構造を,まず自然から学ぼうとしているのは,究極のエネルギーをもたらす〈核融合プラズマ〉や,物質の根源に迫る〈反物質プラズマ〉 を私たちの手で作り出すヒントを求めているからです. プラズマの混沌とした流れの中から,極めて興味深い構造が生み出されるメカニズムに注目しています.

RT-1実験動画


ニュース

 
2014年5月20日
Professor Z. Yoshida gave a talk on "Relativistic helicity and link in Minkowski space-time" at JSPS/UK Meeting ``Topological vorticity dynamics in the physical sciences'', Cambridge, UK, September 9--10, 2013. The note is available here.

2014年5月20日
Professor Z. Yoshida and gave a talk on "Canonical Hamiltonian mechanics of Hall magnetohydrodynamics and its limit to ideal magnetohydrodynamics" at University of Exeter mini-conference ``Topological Vorticity Dynamics and Magnetohydrodynamics'', Exeter, UK, September 6, 2013. The note is available here.

2014年5月20日
Professor Z. Yoshida gave an invited talk on "Twisting Space-Time in relativistic plasma" at Asia Pacific Physics Conference, Makuhari, Japan, July 17, 2013. The note is available here.

2014年5月9日
吉田教授が日本地球惑星科学連合2014年大会(2014年4月28日〜5月2日,横浜)プラズマ宇宙物理3学会連合セッションで招待講演を行いました.発表資料


2014年5月9日
本研究室の近末吉人君が日本物理学会2014年年次大会領域2学生優秀発表賞を受賞しました.詳しくはこちら


2014年3月8日
吉田教授がシンポジウム「人文知からサステイナビリティを考える時間論からの接近」(主催:「sustainabilityと人文知」研究プロジェクト:総長裁量経費)で「時空とは何か」について講演.発表資料1発表資料2

T-1プロジェクトが未踏科学技術協会・第15回超伝導科学技術賞を受賞

2011年7月1日
磁気圏型プラズマ配位によって先進的核融合に挑戦しているRT-1プロジェクトが,未踏科学技術協会から第15回超伝導科学技術賞を受賞しました【「先進的プラズマ実験装置(RT-1)用高温超伝導磁石の開発」,受賞者:水牧祥一,戸坂泰造,丸川宏太郎,大谷安見(以上東芝),吉田善章,小川雄一,森川惇二】.RT-1は真空中に超伝導マグネットを磁気浮上させ,宇宙における天体磁気圏とおなじような構造を形成して超高温プラズマ(電子温度1~10億度)を閉じ込めます.このために独自に開発した超伝導マグネット技術が評価され,受賞につながりました.

関連リンク:
http://www.kek.jp/ja/news/topics/2011/SSTAward.html
http://www.sntt.or.jp/~fsst/shou15.html
http://www.n.t.u-tokyo.ac.jp/gcoe/jpn/research/nuclear_energy/index.html

 

宙最初の渦の理論研究に関する記事

2011年6月6日
磁場と渦の宇宙論的起源にせまる

宇宙は「渦」で満ちています。現代物理学では、流体の渦と磁場を統一的に記述します。宇宙は、銀河や惑星系やほとんど全ての天体が持つ「渦=磁場」に満ちているのです。しかしながら、その起源、つまり最初の渦がどうして生まれたのかは物理学における大きな謎でした。吉田善章教授とテキサス大学のS.M. マハジャン教授は、アインシュタインの相対性原理の効果によって生じる時空間の歪みが「渦=磁場」を生みだすことを示しました。また、RT-1実験プロジェクトでは、天体磁気圏渦構造が自己組織化するメカニズムが解明されました。

A Universal Mechanism of Creating Cosmic Magnetic Fields

The universe is filled with "vortexes" (such as galaxies, accretiondisks, stars and planetary systems, etc.) that wind-up with magneticfields. Strikingly absent in this rich narrative of growth and evolutionof cosmic systems is a satisfactory "universal" mechanism that couldhave generated the original seed magnetic field. Exploiting thespace-time distortion inherent in relativistic dynamics, we haveunearthed just such a mechanism that, by breaking the topologicalconstraint forbidding the emergence of magnetic fields (vortexes),allows "general vorticities" -- naturally coupled vortexes of mattermotion and magnetic fields -- to be created in an ideal fluid. The newlypostulated relativistic mechanism, arising from the interaction betweeninhomogeneous flow fields and inhomogeneous entropy, may be anattractive universal solution to the origin problem.The present theory will provide a new perspective on the general notionof VORTICITY -- a singular and universal phenomenon, ranging fromscience to society. For example, creation of angular momentum, phasesingularity, or any kind of "circulation" will be connected todistortion of space-time.

----------------------------------------------------------------
[論文1] S.M. Mahajan and Z. Yoshida; Twisting space-time: Relativisticorigin of seed magnetic field and vorticity, Phys. Rev. Lett. 105,095005 (2010).
** Editor's Suggestionに選ばれ、米国物理学会から注目論文としてハイライトされました:
http://physics.aps.org/synopsis-for/10.1103/PhysRevLett.105.095005

[論文2] Z. Yoshida et al., Magnetospheric vortex formation:self-organized confinement of charged particles, Phys. Rev. Lett. 104,235004 (2010).

 


 

T-1プロジェクトがプラズマ・核融合学会・第15回技術進歩賞を受賞

2011年1月14日
2010年11月に開催されたプラズマ・核融合学会において,RT-1プロジェクトがプラズマ・核融合学会・第15回技術進歩賞を受賞しました.受賞内容は「高温超伝導コイルの開発とプラズマ実験装置への応用」であり,天体磁気圏型の超高ベータプラズマを実現するために,超伝導マグネットを真空容器内で磁気浮上させるという未踏の技術を開発したことが評価されました.受賞者は吉田善章,小川雄一,森川惇二,齋藤晴彦,矢野善久,水牧祥一(東芝),戸坂泰造(東芝)の7人です.

関連リンク:
http://www.n.t.u-tokyo.ac.jp/gcoe/jpn/research/nuclear_energy/index.html
 

葉国体採火式の様子(日本経済新聞)

2010年7月7日