ホーム 研究発表 履歴 その他     English

氏名 齋藤 晴彦 (Saitoh, Haruhiko)  ※サイの字は斎でも何でも良いです. 履歴書
所属 マックスプランク・プラズマ物理研究所 研究員
Boltzmannstrasse 2, D-85748 Garching, Germany

東京大学 新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻
吉田・西浦研究室 客員共同研究員(非常勤)
277-8561 千葉県柏市柏の葉5-1-5 東大新領域基盤棟Box.314
連絡先 haruhiko.saitoh at ipp.mpg.de
saito at ppl.k.u-tokyo.ac.jp

略歴

1977(昭和52)年2月 広島県安芸郡熊野町生まれ
1989(平成元)年3月 熊野第三小学校 卒業
1992(平成4)年3月 広島学院中学校 卒業
1995(平成7)年3月 広島学院高等学校 卒業
2000(平成12)年3月 京都大学 理学部理学科 物理科学系 卒業
2002(平成14)年3月 東京大学 新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻 修士課程 修了
2005(平成17)年3月 同 博士課程 修了,博士(科学)取得
職歴
2002(平成14)年4月 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
2005(平成17)年4月 理化学研究所 山崎原子物理研究室 基礎科学特別研究員
2006(平成18)年4月 東京大学 新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻 吉田研究室 助手
2007(平成19)年4月 同 助教に配置換え
2013(平成25)年7月 ドイツ マックスプランク・プラズマ物理研究所 研究員
  (東京大学新領域創成科学研究科 客員共同研究員)

研究分野

プラズマ理工学実験.現在は,マックスプランク・プラズマ物理研究所(ドイツ)のPAX/APEX
チームにて電子陽電子プラズマの生成と物性解明を目指す基礎実験に従事.



研究履歴

  • 磁気圏型装置RT-1におけるトロイダル非中性プラズマの実験研究.
  • RT-1におけるECHプラズマの生成と干渉計や軟X線による高温プラズマ計測.
  • 反水素生成を目指すASACUSAにてカスプ磁場による非中性プラズマ実験.
  • Proto-RT装置における流れを持つ中性及び非中性プラズマの基礎実験.


  • 所属学会

  • 日本物理学会
  • プラズマ・核融合学会
  • アメリカ物理学会


  • 研究助成金

    (研究代表者)
  • 2002-2004(平成14-16)年度
     特別研究員奨励費02J08377「トーラス型非中性プラズマトラップの平衡と閉じ込め特性に関する実験的研究」350万円
  • 2005(平成17)年度
     理研基礎科学特別研究員研究費「カスプ磁場中における多粒子反物質プラズマの実験的研究」130万円  
  • 2006-2007(平成18-19)年度
     科研費 若手研究(B)18740360「非一様磁場中における非中性プラズマの実験的研究」360万円  
  • 2011-2013(平成23-25)年度
     科研費 挑戦的萌芽研究23654201「トロイダル反物質プラズマ生成の基礎研究」312万円  
  • 2013-2016(平成25-28)年度
     科研費 若手研究(A)25707043「ダイポール磁場配位を用いた電子陽電子プラズマの生成と基礎特性の解明」2470万円

  • (研究分担者)
  • 2002-2006(平成14-18)年度
     科研費 基盤研究(S)「トーラス型非中性プラズマを用いた高速流プラズマの高ベータ平衡と安定性の実験的検証」14102033
  • 2008-2010(平成18-22)年度
     科研費 基盤研究(B)「内部導体装置での電子バーンシュタイン波によるオーバーデンスプラズマ研究 」20360413
  • 2007-2009(平成19-21)年度
     科研費 基盤研究(B)「磁気圏型回転プラズマ中の波動・不安定性の基礎物理 」19340170  
  • 2011(平成23)年度-
     科研費 基盤研究(A)「磁気圏型プラズマのイオン加熱と高ベータ高性能閉じ込め」23246160
  • 2011(平成23)年度-
     科研費 基盤研究(S)「磁気圏プラズマの自己組織化―磁場によって歪むメトリックの非線形効果」23224014

  • ホーム 研究発表 履歴 その他     English