内部向け情報: Login

クセス

究室所在地

千葉県 柏市 柏の葉 5-1-5
東京大学 新領域基盤科学実験棟 1F プラズマ理工学研究室
電話/FAX : 04-7136-3991/3992
(プラズマ理工学研究室は,平成16年春から柏キャンパスへと移転しました。)
柏キャンパスアクセスマップ | 基盤科学実験棟アクセスマップ

究室訪問について

プラズマ理工学講座は,オープンラボとして,積極的に研究室を開放しています。多くの方々に研究室を訪問して頂き,サイエンティフィックな議論を交わすことは,私たちの至上の喜びです。毎年,国内外を問わず,多くの研究者の訪問を受けています。
春から夏にかけては,大学院受験生の訪問も多く受け付けています。訪問前にメール・電話等で連絡を入れて頂ければお待ちいたします。お気軽にお越し下さい。

究室を希望する皆さんへ

研究内容

理論と実験の両面から,プラズマの非線形現象を研究しています.プラズマは,未知の構造と現象の宝庫です.太陽フレアー,オーロラ,銀河の美しい渦巻き模様の形成などです.これらはいずれも線形理論ではあつかえない〈非線形現象〉です.私たちが,プラズマの多様な構造を,まず自然から学ぼうとしているのは,究極のエネルギーをもたらす 〈核融合プラズマ〉や,物質の根源に迫る〈反物質プラズマ〉を私たちの手で作り出すヒントを求めているからです.

学生の皆さんへ一言

研究者として大切なのは,発想の新しさと,緻密な論理を支える技術(理論でも実験でも).この両輪のバランスが肝心です.私たちのプラズマ・核融合など新しい科学のプロジェクトは, 細分化した分野を越境できる人材を必要としています.そのためには,表層的なトピックスに目を奪われるのではなく,あらゆる科学の深層にある基礎を学ぶことが大切です